おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

おきなわワールド

 

 

 

 

 

 

旅色に紹介されました

新収蔵品展〜沖縄の笠と日本の獅子人形〜

終了しました

tpic-201604kikakuten.png 王国歴史博物館内では、ミニ企画「新収蔵品展〜沖縄の笠と日本の獅子人形〜」を開催中です。

昨年度、王国歴史博物館では以下の寄贈をいただきました。
・上江洲様より、クバ笠とムンジュル笠合計21点
・宮崎様より、日本の獅子人形8点と獅子関連資料パネル6枚、合計14点

今回のミニ企画では、これらの新収蔵品を展示いたしております。

クバ笠とはクバ(ビロウ)の葉で作った笠です。軽くてエコで、風通しが良いので蒸れません。まさに沖縄にぴったりの笠!
ムンジュル笠の「ムンジュル」とは麦わらのことです。同じ麦わらですが、麦わら帽子は麦わらを編んでつくるのに対して、ムンジュル笠は麦わらを縦に並べて張って作ります。
クバ笠、ムンジュル笠は北は宮崎県から南は与那国島まで、幅広い地域の笠を展示しています。同じように見える笠ですが、作り手や地域によってちょっとずつ違っていますので、ゆっくりと観察してみてくださいね♪

数年前から「世界の獅子展」として各国の獅子を展示してきた当博物館。
日本の陶製、石製の獅子は展示しておりましたが、それ以外の素材で出来た日本の獅子を収蔵しておりませんでした。

今回寄贈いただいた獅子は、土人形・張子・豆人形など今までなかった獅子たちです!写真の人形は今回の展示品のひとつ、獅子を担いだ土人形。日本の獅子人形の正面には「世界の獅子展」を開催していますので、各国の獅子と比べて見てみるのも楽しいですよ♪

王国歴史博物館≫≫
おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

旅色に紹介されました


TOPへ戻る