おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

おきなわワールド

 

 

 

 

 

 

旅色に紹介されました

8月2日は「ハブの日」です!

habunohi-syoujou.png <ハブの日とは>
県内に生息するハブは毒蛇として恐れられています。
おきなわワールドにあります「ハブ博物公園」では1979年のオープン以来、多くの方にハブについて知ってもらい、その被害を減らすことに貢献したいという考えの下、30余年にわたりハブに関する様々な資料や生体の展示、ハブのショーなどを行っています。
また、「南都酒造所」では年間約6,000匹以上のハブを使って、ハブ酒を製造・販売しています。被害を減らす為に捕獲されるハブを活用し、固有種としての保存、人間との共存という視点も加味し、持続可能な利用の観点からバランスをとりながら製造しております。
日頃からハブに恩恵を預かっているおきなわワールドでは、8月2日をハブに感謝を捧げる意味で「ハブの日」としています。

「ハブの日」が記念日登録されました。

<記念日認定について>
2017年7月3日、一般社団法人 日本記念日協会にて正式に『8月2日は「ハブの日」』として認定され、沖縄の新しい記念日となりました。

日本記念日協会とは
日本では、「ひな祭り」「七夕」など、伝統的な行事として定着しているものから、「○○の日」「○○記念日」といったPR効果を目的に制定したものまで、およそ2800種類以上もの記念日がありましたが、こうした記念日について総合的に扱う機関・団体がありませんでした。
そこで、記念日についての研究、情報の収集、広報活動を行ってきた日本記念日委員会が、 記念日に対する人々の理解と関心を高めるために、1991年4月1日に「日本(にほん)記念日協会」として正式に発足、活動を開始。記念日の文化的、歴史的、産業的な発展と、記念日情報の総合窓口として、さまざまな活動に取り組んでいます。

日本記念日協会ホームページはこちら

<ハブ供養祭>

ハブの日はハブ博物公園や南都酒造所をはじめ、ハブに携わるスタッフが参加し、ハブに感謝を捧げる「ハブ供養祭」を行います。一般のお客様もご見学できますよ!

 

 

2018年度ハブ供養祭は終了しました。
日時:平成30年8月2日(木)
時間:AM10:30~(約30分)
場所:おきなわワールド ハブ博物公園内『天蛇観音前』
※見学には「ハブ博物公園」の入場チケットが必要です。

 

ハブグッズ

おきなわワールドにはハブに関するグッズがいろいろあります。ぜひチェックしてね!

 

  1. ハブ皮お守り

  2. ハブフェイスマスク

  3. ハブ皮財布

 

 

  1. ハブ入りハブ酒

  2. 琉球ハブボール

  3. ハブ源酒チーズケーキ

 

 

  1. ハブ毒ちんすこう

  2. ハブ毒クッキー

 

ハブ博物公園オンラインショップ

南都酒造所商品一覧

 

ハブのショーやハブ体験なども実施!

ハブ博物公園

 

おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

旅色に紹介されました


TOPへ戻る