おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄そば自慢 なんと屋

guru-soba-main2.jpg

 

おきなわワールド(おみやげ専門店街)にある「沖縄そば自慢 なんと屋」の沖縄そばは、 小麦粉100%で作られた麺に、鰹ダシのきいたスープ、三枚肉(豚ばら肉)・かまぼこ・ネギをのせて食べる沖縄そば。ランチタイムはもちろん、ちょっとお腹が空いた時にもおすすめです。 サイドメニューには、人気の沖縄風ジャンボ天ぷら(魚・イカ)もご用意しています。

 

メニュー一覧

  1. 沖縄そば

    650円

  2. ソーキそば

    780円

  3. アグー豚丼

    850円

  4. 沖縄そばセット

    870円

  5. ソーキそばセット

    980円

  6. ポークカレー

    600円

     

  7. ソーキカレー

    750円 

     

  8. 大東寿司

    650円

    ※時期により魚は変わります

  9. 沖縄風ジャンボ天ぷら

    160円

     

  10. 軟骨ソーキ単品

    250円

  11. ジューシー単品

    220円

 

広々店内には、座敷席もあるのでゆっくりくつろげます

gu-soba.jpg

 

営業時間:10:00〜17:00

座席数:85名(座敷・カウンター・テーブル席)

場所:おきなわワールド おみやげ専門店街内

お問合せ:098-949-7421

こちらまでは入園無料ですので、「そば屋さんに行きたい! 」という方は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※イベント開催時(GWなど)入場料が別途発生する場合がございます。

 

沖縄そば豆知識

沖縄で小麦粉を原料とした麺料理が広く知られるようになったのは明治後期以降のこと。中国人コックが那覇の辻遊廓近くに開いた支那そば屋が、今日の沖縄そばの直接のルーツであると考えられています。 街中に沖縄そば屋が増え、一般の人々が気軽に食べられるようになったのは大正に入ってから。当初は豚のだし(清湯スープ)をベースにした醤油味のスープで、具材も豚肉とネギのみと、日本本土の支那そばと変わらないものであったようです。 その後改良が重ねられ、スープは現在のような薄色となり、三枚肉、沖縄かまぼこ、小ねぎを具材とし、薬味として紅しょうがやコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)を用いるという沖縄そば独自のスタイルが形成されてきたといわれています。

おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ戻る