おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

おきなわワールド 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」国登録有形文化財城下町編

 

 

 

 

 

 

琉球犬・海くん

琉球犬・海くん

 

紙すき工房のマスコット・琉球犬の海(かい)くんです!

琉球犬・海くん

おきなわワールドの琉球王国城下町「紙すき工房」には琉球犬の海くんが住んでいます。 海くんは人間の言葉がわかるみたいで、お客様がきたらきちんとお出迎えしてくれるんですよ。
(とくに女性は好きみたい‥海くんもやっぱり男の子 ^^; )

● 海くんのプロフィール

性別:♂(男)
お誕生日:2003年2月2日(人間でいうと40歳以上)

日に2回のお散歩が大好きで、はしゃぎすぎてスタッフを困らせてしまうこともしばしば。 中年犬とは言え、まだまだ元気いっぱい!琉球王国城下町へお越しの際はぜひぜひ会いに来てくださいね。

 

琉球犬・海くん

 

琉球犬は沖縄県の天然記念物に指定されているとても貴重な犬

琉球犬・海くん

琉球犬のルーツは、縄文時代初期に、九州地方から沖縄方面へ 渡った人々に同伴した、マタギ犬(山岳狩猟犬)と同系統の犬とされています。
沖縄県では琉球犬をトゥラー(虎毛の琉球犬)あるいはアカイン(赤毛の琉球犬)と呼び、 イノシシ猟や鳥猟の猟犬として使役していました。 トゥラーの場合その毛の色に応じて赤トゥラー(赤虎毛)、黒トゥラー(黒虎毛)、 白トゥラー(白虎毛)と呼ばれ、弥生時代に入ると、北海道と南西諸島を除く地域には、 渡来人とともに北方系の犬が流入したと言われています。 本州の日本犬にはそれらの犬の血が多く混じっています。その一方で、北海道と沖縄県では大陸系の犬の影響は わずかで縄文犬の血統が維持されました。最近の研究で、北海道の北海道犬と琉球犬は遺伝子的に非常に近い関係にあることが証明されています。

 

 

 

おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ戻る