大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉泉洞とは

玉泉洞

 

年間100万人が訪れる、東洋で最も美しい鍾乳洞

玉泉洞は、我々ホモサピエンスがアフリカで誕生するはるか昔、30万年という気の遠くなるような自然の営みが創り上げた鍾乳洞です。1967年3月、沖縄がアメリカ統治にあった頃、愛媛大学学術探検部の調査隊山内浩教授によって玉泉洞の最初の探検・調査が行われ、その全貌が明らかにされました。鍾乳石の数は100万本以上で国内最多、全長は5000メートルで国内最大級といわれる天然記念物の玉泉洞は、県民で知らぬ人がいないほどの有名な観光鍾乳洞となりました。現在890メートルを公開、残りのエリアは研究用として保存されています。

 

main02-gyokusendo.jpg

 

今も成長を続ける鍾乳石

gyoku-pb-dum.jpg

珊瑚を主成分とした琉球石灰岩でできた玉泉洞は、県外の鍾乳洞にくらべ鍾乳石の成長が早く、3年に1mmというスピードで成長しています。鍾乳石の成長が早い理由は、沖縄の気候が影響しています。熱帯・亜熱帯地方の気候は多量の雨水をもたらします。また、土中の微生物はあたたかい地域のほうが活発に活動するので、より多くの二酸化炭素を排出します。雨水はその二酸化炭素を取り込んで弱酸性となり、石灰岩を溶かし込んでいきます。最後に雨水は洞窟の空間へと染み出し、水と石灰岩の成分が分離して鍾乳石が形づくられていきます。

 

 

 

『玉泉洞』がGoogleマップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。

ストリートビューは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、街中や観光名所等その場にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけるサービスです。Googleマップで、『玉泉洞』を検索し、表示されあた地図上に黄色い人型のアイコン「ペグマン」をかざして置いていただく事で、その地点のストリートビューをご覧頂くことができます。

 

大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」