おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

鍾乳洞のできかた

鍾乳洞のできかた

鍾乳洞のできかた

『鍾乳洞』とは石灰岩にできた洞窟のことである。地面に降った雨水は、地下水となり地中の石灰岩の隙間を溶食・浸食し、数万年以上かけて洞窟を形成する。

 

 

 

鍾乳石のできかた

鍾乳石のできかた

地上に降った雨水は、空気や土の中の二酸化炭素を取り込んで弱酸性になると、地中の石灰岩を溶かしながら、地下水となって洞窟の天井や壁面に滲みでてくる。 地下水には二酸化炭素のほかに石灰岩由来の炭酸カルシウムも溶け込んでいるが、洞窟内の二酸化炭素分圧の影響で地下水から二酸化炭素が脱気されると、炭酸カルシウムが晶出・沈殿し、洞窟の天井・壁面・洞床には多様な鍾乳石が創らる。

 

 

 

鍾乳石のできかた

鍾乳石の種類

 

 

 

玉泉洞にすむ生物

玉泉洞にすむ生物

太陽の光が届かない洞窟には、暗闇の環境に適応した生物たちが棲んでいる。 亜熱帯の沖縄の鍾乳洞では、トカゲモドキの仲間や、国内最大の淡水エビ、1.5m以上に成長するオオウナギなど、他の地域の洞窟では見ることのできない生物が生息している。

 

 

 

南の島の洞くつ探検詳細へ

 

おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ戻る