おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

おきなわワールド 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」国登録有形文化財城下町編

 

 

 

 

 

 

鍾乳石図鑑

石筍とカルサイト

石筍とカルサイト

アイスクリームのようなものが「石筍」という鍾乳石で、ここに写っているのは15センチくらいのもの。玉泉洞のなかでも、支洞の「玉泉新洞」でとくに綺麗なものが見つかっています。「石のタケノコ」と書いて「石筍(せきじゅん)」です。

 

 

ストロー

ストロー

この細かくて白い鍾乳石は、中心が空洞になっていて、そこから地下水がしみ出してきます。ストローに似ているので、鍾乳石の名前も「ストロー」と呼ばれています。みなさんが鍾乳洞を歩いていて、あたまに落ちてくる水滴は、この「ストロー」の雫です。

 

 

リムストーンダム

リムストーンダム

玉泉洞には大きなリムストーンダムがあります。田んぼの畦に似ているので、畦石ともいわれます。この写真のリムストーンダムは外周約31メートル、高さ約2.5メートルで巨大です。いまでもちょっとづつ成長しています。

 

 

カーテン

カーテン

この鍾乳石は「カーテン」といいます。うしろから光を照らすと写真のような感じになります。厚みの無いとこは、ちょっと透けてます。コンコン叩くと木琴みたいにいい音が響きます。斜めに傾斜した天井や壁によくできる鍾乳石です。岩壁から染み出した水滴が、それをつたって斜めに落ちるから、このような板状の鍾乳石になります。

 

 

ベーコン

ベーコン

これは「ベーコン」という鍾乳石です。「カーテン」の赤ちゃんみたいなものです。名前の由来は単に、ベーコンみたいだからです。少し色が茶色のところは、鉄分や土が混じっているからだそうです。ベーコンはカーテン同様に斜めに傾いた天井や壁によくできる鍾乳石です。

 

 

つらら石

つらら石

洞窟の天井からぶらさがっている白い鍾乳石は「つらら石」といいます。つらら石を輪切りにすると木野年輪のように見えますが、これは成長輪ではないので、年齢はわかりません。 折れたつらら石から再び雫が落ち、鍾乳石ができはじめているのが分かるかと思います。(写真内左下)

 

 

石筍(せきじゅん)

石筍(せきじゅん)

タケノコのように地面から伸びている鍾乳石は「石筍(せきじゅん)といいます。 鍾乳洞の天井からの雫によって成長します。 玉泉洞の最初にあらわれる巨大な空間「東洋一洞」には、みごとな石筍群が林立しています。

 

 

石柱(せきちゅう)

石柱(せきちゅう)

玉泉洞の枝分かれした支洞にある「石柱(せきちゅう)」です。 高さ6メートルほどあり、天井を支えているかのようにみえます。 つらら石と石筍が両方つながって石柱ができます。

 

 

フローストーン

フローストーン

ケイバー(洞窟探検家)のうしろの壁に、美しい鍾乳石があります。 このような鍾乳石を「フローストーン」といいます。

 

 

マイクログール

マイクログール

棚田のように波をうつ鍾乳石を「マイクログール」(もしくはマイクログーア)といいます。凹みは小さく、親指の先ほどの大きさです。 フローストーンやリムストーンなどの鍾乳石の表面に水が流れていると、この鍾乳石ができます。

 

 

ケイブパール

ケイブパール

この真珠のような鍾乳石を「ケイブパール」(もしくは洞窟真珠)といいます。 これは、浅い水溜りの中で砂粒などを核にして成長する鍾乳石です。 水溜りに落ちる雫の衝撃で、砂粒が水の中で回転します。 いろいろな方向に回転するので、砂粒は鍾乳石をまといながら、しだいに丸く成長します。 いろいろな条件がかさなって、ケイブパールは生まれます。 変わったものでは、ケイブキューブと呼ばれる四角いケイブパールも見つかっています。

 

 

ヘリクタイト

ヘリクタイト

透明な細い鍾乳石は、「ヘリクタイト」という鍾乳石です。 縫い針と同じか、それ以上に細い鍾乳石です。 成長の仕方は良くわかっていませんが、 一説には「洞内の空気中にまっている水蒸気がヘリクタイトの先で雫になり、雫の表面張力で上に伸びていく」ともいわれています。

 

 

ケイブボール

ケイブボール

「ケイブボール」という鍾乳石です。 鍾乳洞内の地下河川の河床に落ちています。 さざ波がたっているところでよく見つかります。 小さな石などを核にして、河床でゴロゴロと転がって成長します。

 

 

泥筍(でいじゅん)

泥筍(でいじゅん)

これは「泥筍(でいじゅん)」というものですが、鍾乳石ではありません。 天井の雫が泥床に落ちると、その泥水の跳ね返りで生まれます。 この写真の泥筍は高さ30センチくらいですが、どのくらいの時間をかけてできたのかはわかりません。玉泉洞で「千人坊主」と書かれた看板を目印に探してみてください。

 

 

ケイブバブル

ケイブバブル

この泡のような鍾乳石は「ケイブバブル」と呼ばれています。 ケイブバブルは、天井全体から水が染み出しているような場所でよくみかけます。

 

 

おきなわワールド前売チケット 大城さとしの「おきなわワールドをみてまわーるぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ戻る