グルメ

沖縄そば自慢 なんと屋


小麦粉100%で作られた麺に、鰹ダシのきいたスープ、三枚肉(豚ばら肉)・かまぼこ・ネギをのせて食べる沖縄そば。ランチタイムはもちろん、ちょっとお腹が空いた時にもおすすめです。

沖縄そば 680円
ソーキそば 800円
ざるそば(モズク)680円。
沖縄そばセット 890円
ソーキそばセット 980円
タコライス 1,000円
那覇鮪丼 1,500円
ステーキ丼 1,500円
大豆ミートのあんかけ丼 1,500円
ポークカレー 640円
ジューシー単品 240円

 

沖縄そば豆知識

沖縄で小麦粉を原料とした麺料理が広く知られるようになったのは明治後期以降のこと。中国人コックが那覇の辻遊廓近くに開いた支那そば屋が、今日の沖縄そばの直接のルーツであると考えられています。 街中に沖縄そば屋が増え、一般の人々が気軽に食べられるようになったのは大正に入ってから。当初は豚のだし(清湯スープ)をベースにした醤油味のスープで、具材も豚肉とネギのみと、日本本土の支那そばと変わらないものであったようです。 その後改良が重ねられ、スープは現在のような薄色となり、三枚肉、沖縄かまぼこ、小ねぎを具材とし、薬味として紅しょうがやコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)を用いるという沖縄そば独自のスタイルが形成されてきたといわれています。

 

地ビール喫茶 SANGO

玉泉洞の地下水で作る「OKINAWA SANGO BEER(オキナワサンゴビール)」工場併設の喫茶。 出来たてのビールと人気の石垣牛を楽しめます。

オキナワサンゴビール
550円~
石垣牛・あぐー豚串
食べ比べセット
2,980円
石垣牛ハンバーグステーキ2,200円~

ビールの9割を占める大切な素材「水」にこだわり、コーラルウォーター100%を使用。 世界的なクラフトビールコンテストで数々の受賞を重ねる、世界に認められたビールです。

南都酒造所HP

茶屋 三段花


解放感あふれる店内で沖縄の心地よい風を感じながら、ちょっと一息はいかがでしょうか。メニューにはかき氷や沖縄風ぜんざい、アイスクリームもご用意しております。

あぐー肉の紅いも肉まん
250円
オリジナルMIXピザ 1,000円
石垣牛BIGチーズバーガー 1,380円
タコライス
(大)780円 (小)560円
マンゴーマウンテン 900円
黒糖ぜんざい 480円
TOP
料金・
チケット
アクセス